Axiory cTrader

グラフィカルなインターフェイスを搭載したプロ用ツールのプラットフォームのcTraderの口座を開設してみました。

とはいっても通常の開設方法と同じです⇒Axiory 口座開設

 

違う点はアカウント設定のプラットフォームの選択を『MetaTrader4』ではなく『cTrader』に変えるだけです。

 

 

登録が完了するとAxioryから登録完了のメールが届きます。

 

ダウンロード方法はAxioryのトップページから『プラットフォームとツール』⇒『CTRADER』を選択します。

 

下へスクロールするとダウンロード版とWeb版があります。

ダウンロード版は左側の『ダウンロードする』をクリック、Web版は『アクセスする』をクリックします。

ダウンロード版よりもWeb版の方がお手軽にCTRADERを始めることが出来ます。

使った感じはどちらも同じなので、普段使うPCはダウンロード版、普段からあまり使わない端末の時はWeb版という感じで使い分けても良いと思います。

 

MyAxioryからWeb版のcTraderする場合は『取引プラットフォーム』をクリックすると選択画面が表示されます。

 

  • ダウンロード cTrader for Window
  • Open Web Version
  • ios
  • Android

 汎用ブラウザー用のcTraderは『Open Web Version』をクリックします。

 

MyAxioryからcTraderにアクセスすると自動的にログインしている状態になります。

 

私の個人的な感想になるのですが、MT4に慣れた人には少々使いづらいです。

たくさんの機能を搭載しているので、さすがプロ用ツールというだけあって見た目はカッコいいのです。

しかもMT4でインジケーターを追加していたローソク足の残り時間や日本時間がデフォルトで搭載されているので、慣れれば見やすくて使いやすいです。