CATEGORY

FX

順張りと逆張り

相場にはトレンド相場とレンジ相場があります。   これがトレンド相場。 一方向に上昇、もしくは下降する流れが継続する相場のことです。 順張りはこのトレンドで仕掛ける手法で、引かれているラインにレートが触れるタイミングでエントリーする押し目買い、戻り売りが基本的なスタイルになります。   順張り手法の特徴は、勝率が低くロスカットが続きますが勝てるときは損失以上の利益が出せることです。 移動平均線など […]

夏時間と冬時間の切り替え

ヨーロッパは2019年10月28日、米国は2019年11月4日から冬時間に切り替えられます。 MT4のサーバー時間がGMT+2に変更されるので、日本時間との時差は7時間になり、月曜日の朝は7時開始になります。   ちなみに夏時間はGMT+3なので日本との時差は6時間なり、1時間遅くなります。   GMTとは、イギリスの標準時間(グリニッジ標準時)のことで、昔はこれが世界の標準時間でした(現在はUT […]

海外FXの無料VPS

無料でVPS(バーチャルデスクトップサーバー)を提供している海外のFX業者が2つあります。 XM Trading Gemforex 通常はプランにもよりますが、月額2,000円~数千円のサーバー利用料が必要になるVPSが条件付きで無料で使い放題です。   EAを24時間作動するのにパソコンの電源を入れたままにするのは、パソコンにも良くないですし経済的にも微々たるものですが良いとは言えません。 そこ […]

FXの税金の仕組み

FXの税金はちょっとだけ複雑なので、分かりやすく書いてみたいと思います。 前の記事にも書きましたが、国内と海外のFX業者では税率が変わってきます。 【国内FXと海外FXの税金を比較】⇒ こちら   国内FX会社の税率は20.315%の内訳は? 所得税:15% 住民税:5% 復興特別所得税:0.315%   FXで得た利益は確定申告で納税することになるのですが、一部の条件の人は確定申告をしなくてもよ […]

国内FXと海外FXの税金を比較

国内FX会社と海外FX業者の税金について比較してみようと思います。 ちなみに「海外のFX口座なので納税しなくてもバレないから大丈夫」ということはないのでお気をつけください。 日本に住んでいる以上、日本の税制のルールに従って税金を支払う義務が残念ですがありますよ。   国内FX会社 海外FX業者 課税方法 申告分離課税 総合課税 税率 一律20.315% 累進課税 損失繰越 3年 なし 国内FX会社 […]

FXの自動売買VPSを比較

自動売買(システムトレード)はロジックでトレードするので、相場を監視することなく自動で取引をしてくれるというメリットがあります。 トレードで一番の天敵はトレーダーの心理です。 エントリー恐怖症だったり、ポジション保有依存症などのトレーダーの心理が原因で良いパフォーマンスが出せてないことがほとんどなので、自動売買のメリットはそういった心理面の影響が一切入らないことです。   ただ、自動売買にもデメリ […]

fx ロスカットを比較

保有しているポジションの含み損が大きくなり、証拠金維持率がある一定の割合を下回ると強制的にロスカットするシステムがFX会社には備え付けられています。 会社ごとで強制ロスカットになる水準が違うので、表にしてまとめてみました。   FX業者の強制ロスカット水準 強制ロスカット水準(証拠金維持率) じぶん銀行FX 100% FXTF 50% 外為オンライン 100% 楽天FX 50% インヴァスト証券 […]

スワップポイントの時間

スワップポイントが付与される時間について。 スワップポイントが付与されるのは夏時間の場合、相場の1日が終わる午前5時59分から6時00分に切り替わるタイミングです。 冬時間の場合は午前6時59分から7時00分に切り替わるときです。   このタイミングでポジションを保有していると1日分のスワップポイントが付与され、水曜日だけ3日分が付与されます。 なぜ水曜だけ? 土日の分です。休日分のスワップポイン […]

スワップポイントとスプレッド

スワップポイントを狙うのにスプレッドはあまり関係がないのですが、金利が高いエキゾチックな通貨ペアのスプレッドは、やはり気になるところでもあるますよね。 マイナー通貨ペアを多く取り扱っているアキシオリーでスプレッド、スワップポイント、金利差を比較してみました。  ()内はショートスワップ スプレッド スワップポイント 金利差 AUD/ZAR 120.5 -238.57(129.73) 5.50 CH […]